やすのビールの肴ブログ

1日の終わりはビールで締めくくる。余韻を残し、あなたのビールの肴になるブログです。

ピエール瀧とコカインについて考える〜脳の覚醒とクリア〜

ピエール瀧さんの報道が連日、

跡を絶たずに流れます。

 

ミュージシャンや俳優を含め、

芸能人と覚せい剤は、何かしらの誘惑や、

入手経路がどこかで確立されているのでは?

と、この手のニュースがある度に思わされます。

 

こういった覚醒剤や麻薬は、

私はほとんど知識がありませんが、

使用する事で脳が覚醒して、俳優や音楽活動にとっては、

いい方に効果が発揮されるところもあるみたいです。

しかし、その分中毒性が高く、抑える衝動や、

使用を隠す必要性など、常に犯罪意識を考える生活は、

言い難いのない苦痛のようです。

 

そこまで死や苦痛のリスクがあるにも関わらず、

麻薬や覚醒剤を使用する事には、

どんな意味があるのでしょう。

 

死を覚悟するという事に関していうと、

宮本武蔵を題材とした漫画、

バカボンド』を連想します。

侍が死を覚悟して、天下無双の唯一無二になる為に、

対峙する死合いのように。

そんな天下無双を目指した宮本武蔵の師は、

自然であると。

 

f:id:bigdown5:20190317123756j:image

 

何においても、死や何かを胸に秘め、

覚悟を決めてやる事は、最強だと思います。

 

ただこの現代社会では、

死を覚悟してはいけない世の中だと、

私は思います。

 

死を尊重し向き合い、

自分の可能性と限界と、向き合うべきなのです。

 

その上で脳を覚醒、研ぎ澄ますことが出来たら、

これに尽きる事はありません。

 

ストレス社会、モラル崩壊、

問題は次々と連日報道されています。

 

しかし何かを使って、脳の覚醒をする必要はありません。

 

コカインの原料となるコカの葉も、

自然から生み出されたものです。

自然が師であるように、

全ての答えは自然にあるのかもしれません。

 

自然と向き合い脳をクリアにして、

創造してみてはどうでしょうか?

f:id:bigdown5:20190317123854j:image

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村